はくちょう園

施設長あいさつ

障がい者支援施設 はくちょう園
施設長 川田功二

はくちょう園は、昭和60年4月に50名定員で埼玉県内4番目の施設(旧:身体障害者療護施設)としてオープンし、平成5年に増床し現在100名の方に入居利用していただいております。

その他、短期入所(ショートステイ)事業、日中一時支援事業もおこなっております。

平成21年4月に、制度の改正に伴い新事業体型へと移行し、日中は「生活介護」、夜は「施設入所支援」を行う障害者支援施設となりました。

同時に、「陽だまりホール」が完成し、利用者の方々の日中活動の場ができました。

その際、従来の「白鳥園」から「はくちょう園」に名称を変更いたしました。

その他の事業として、平成6年4月に地域との交流の場となる「はくちょう園地域交流ホーム」が完成。大きな行事や慰問・研修など多様に活用できる場となっております。

また、在宅の障害者の方への支援として、「地域支援課」を設け、平成13年10月より「市町村障害者生活支援センター」の開設、平成15年7月より「生活サポートセンターほのぼの」の開設、平成17年4月より「ヘルパーステーションはくちょう」を開設し、在宅福祉の向上に務めております。

当施設では、特に力を入れていくこととして、「はくちょう園経営指針」を作成し、利用者やそのご家族に満足していただくためのサービスをすべく、スタッフ一同日々努力をしております。

今後のはくちょう園の大きな目標といたしましては、開設30年を迎えるにあたり、施設の大規模な修繕・改築を考えていきたいと思っております。なお一層の利用者の方々のプライバシーの確保や個室化、設備の充実を図りたいと考えております。

今、「施設から地域生活移行へ」といわれておりますが、「施設も地域の中にある生活の場・住まいの場」としてもっと認識してもらえるよう、法人・施設としてこの地域に出来る社会貢献に務め、地域に必要とされる施設となるよう、努力して参りたいと思います。

何卒ご支援ご指導を賜りますようよろしくお願いいたします。

理事長挨拶・主な役職

お申込・相談先

障がい者支援施設 はくちょう園

〒348-0056
埼玉県羽生市大字上川俣1486-1
TEL:048-563-2051
西館直通TEL:048-563-2616
FAX:048-563-2052