むさしの園

概要

園長あいさつ

障がい者支援施設 むさしの園
園長 黒田敏勝

昭和56年4月1日、社会福祉法人幸生会障がい者支援施設むさしの園が田舎教師や武州藍染で知られる、人情豊かな羽生の地に開設され、今日こうして32周年を迎えることができましたことは、地域の皆様方・関係各位の当施設に対する暖かいご理解とご支援の賜物と心から深く感謝を申し上げます。

利用定員

  • 生活介護 30名
  • 施設入所支援 30名
  • 就労継続支援B型(通所) 10名

目的

利用者が自立した日常生活・社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適正、障害の特性その他の事情を踏まえた「個別支援計画」を作成し、これに基づき利用者に対して障害福祉サービスを提供する。
また、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の便宜を適切かつ効果的に支援するものである。

運営方針

  1. 利用者の意志及び人格を尊重して、常に当該利用者の立場に立った施設障害支援サービスの提供を努めます。
  2. 利用者の人権擁護・個人情報の保護・虐待防止のため、責任者を配置し必要な体制整備を行うとともに、職員に対しては「専門職としての自己研鑽」研修を実施する等の必要な措置を講ずるよう努めます。
  3. 地域社会の「障害者施設としての危機管理(個人情報漏えい・盗難等犯罪被害防止の安全管理・感染症・食中毒)非常災害対策関係等の整備強化と地域防災協力会等」不断の取り組み、施設機能の充実を図る。
  4. 『施設が利用者を選ぶのではなく、利用者に選ばれる良い施設づくり』を、利用者様と職員が一体となり家庭的な(和)を大切にしながら、運営をしていきます。

生活支援

利用者個々のADL及び、モニタリング調査をもとに、本人のニーズに沿った、生活訓練を支援し、評価機能の充実とサービス支援に努めます。

医療

施設内に医務室を置き、常時看護師が利用者の健康管理に努め、通院の対応支援をしています。

障がい者支援施設 むさしの園 ~自立生活・自立就労を目指して~

〒348-0056
埼玉県羽生市大字上川俣1476
TEL:048-563-0551
FAX:048-563-0552